ふるさと納税の特徴

ふるさと納税は「税」という名がついていますが、
実際は自治体に対する「寄付金」です。

自治体に寄付をすると税金が控除され、
寄付のお礼として特産品や観光施設の優待券などがもらえる制度です。

ふるさと納税は2015年4月に新たな制度が導入されてから
ふるさと納税がより利用しやすくなりました。
ここでは、
ふるさと納税制度の特徴について説明したいと思います。

ふるさと納税は
税制を通じてふるさとへ貢献する仕組みができないか
という発想から、2008年にスタートした制度です。

都市で働く人などが故郷や思い入れのある地域に貢献することで、
地方自治体を活性化させることを目的に制度化されました。

ふるさと納税をすると、
その額に応じて所得税や住民税が控除されるだけでなく、
返礼品として地域の特産品や特典を用意している自治体が多くあります。

寄付をする金額にもよりますが、
銘柄牛のステーキやホテルの宿泊券などが、
返礼品として送られてきます。

そこがふるさと納税の最も魅力的なところで、
自治体が用意する独自の返礼品目当てで寄付をする人もいます。

返礼品は自治体の取り組みや寄付金額により異なりますが、
例えば、
神奈川県小田原市は小田原かまぼこ詰め合わせ、
群馬県富岡市は富岡シルク製品、
長野県野沢温泉村は宿泊券、
など、地域の特産品などが用意されています。

また、寄付金の使い道を指定できます。
ジャンルは、
自然環境保護や地域産業振興、
景観・街づくりなど多岐にわたるので、
寄付をすることで地域貢献の発展に貢献できます。

ふるさと納税の根本的な仕組みというのは、
居住地から他の自治体への住民税の移転です。
返礼品がもらえるというのもうれしいですが、
本質的にはその地域の活性化を応援し、
ふるさとに貢献することです。

先の熊本地震では、
全国各地の自治体が支援のためにふるさと納税の代行をして、
災害復興に向けた資金を集めました。

寄附する人は特産品を楽しみながら地域を応援し、
自治体は地域の創生をし、
特産品をつくる生産者も幸せになれる。
これががふるさと納税の魅力でもあります。

地域に貢献できて、
返礼品として特産品がもらえる。
ふるさと納税をしてみてはいかがでしょうか?

まずはふるさと納税の限度額を確認するところからしてみると良いですよ。

ふるさと納税の限度額の計算

この記事へのコメント